1. ホーム
  2. 日臨技出版物
  3. 臨床検査技師のための病院感染対策の実践ガイド 改訂版

臨床検査技師のための病院感染対策の実践ガイド 改訂版

医療現場においてすぐに役立つマニュアルです

内容
 臨床検査技師が自ら実践している院内感染を発生させないための組織作り、チーム医療への参画、感染経路別予防対策のほか、検査業務とバイオセーフティの分野まで解説されています。
目次

総論

第I章 病院感染防止対策と微生物検査
第II章 スタンダード・プリコーションの考え方
第III章 感染経路別予防策
第IV章 環境管理のための環境および保菌者調査の必要性
第V章 ゾーニングの意義およびその現状
第VI章 医療環境の微生物
第VII章 医療環境の検査法(概論と各種検査方法の整理)
第VIII章 保菌調査
第IX章 病院感染防止対策上重要な薬剤耐性菌
第X章 検査業務感染とバイオセーフティ
第11章 サーベイランス
第12章 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に
関する法律等の一部改正する法律への対応

各論

第I章 医療環境の検査法
第II章 保菌者調査法
第III章 消毒薬の消毒効果判定法
第IV章 病院感染レポート(報告書)
第V章 感染症サーベイランスの実際
第VI章 疫学マーカーによる分析法

資料

資料1 関連法規
資料2 消毒薬の基礎知識
資料3 滅菌法の基礎知識
資料4 消毒薬の市販品の一覧
資料5 微生物の危険分類
資料6 アメリカ病院感染サーベイランスシステム
(National Nosocomial Infection Surveillance System : NNIS)による病院感染分類:主要感染部位(13種)と
特定感染部位(49種)の定義・基準
資料7

著者名 (一社)日本臨床衛生検査技師会
出版年月日 2008年10月31日
ページ数・判型 279ページ A4版
価格(消費税含む) 3,086円