1. ホーム
  2. 日臨技出版物
  3. 輸血・移植検査技術教本

輸血・移植検査技術教本

 

978-4621089736

内容
本書は輸血検査における基礎知識と手技、実務作業について解説した技術書です。
長年にわたりご好評いただいた『新輸血検査の実際』(通称・黒本)を底本に、現在も第一線で活躍されているベテランの臨床検査技師が中心になって執筆。新たに「移植免疫と検査」および「母児免疫と検査」の項目を加え、従来の項目も最新のガイドラインに合わせ改定し、全編フルカラーとしました。
現役の輸血検査技師には輸血検査や輸血業務管理の手引き書として、その他、学校教育の現場や臨地実習、新人教育のサブテキストとしてもご活用いただければ幸いです。

本書のポイント
・基本的な知識の解説から実際の業務の流れまで順を追って記載。
・専門的な用語や記述は、学生や初心者にも理解しやすいよう[参考情報]や[Q&A]で解説。
・操作手順や症例などカラーイラスト・写真を多数掲載。
・2015年までに策定された各種ガイドラインや輸血検査マニュアルに対応。
 
目次

A.輸血検査

第1章 総論

1.1 臨床的意義のある抗体の検出

1.2 適合血の選択と供給

第2章 血液型と抗体

2.1 血液型と抗体

第3章 輸血前検査

3.1 輸血検査における基本的な知識と事前の準備

3.2 ABO,RhD血液型検査

3.3 不規則抗体スクリーニング

3.4 不規則抗体同定法

3.5 交差適合試験

3.6 直接抗グロブリン試験

3.7 コンピュータークロスマッチ

第4章 自動機器による輸血検査

4.1 カラム凝集法

4.2 マイクロプレート法

第5章 その他の輸血検査

5.1 亜型検査の進め方

5.2 抗体価測定

5.3 抗体解離試験

5.4 自己抗体吸着法

5.5 血小板抗体検査

B.移植免疫と検査

第6章 移植免疫

6.1 主要組織適合性抗原複合体

6.2 ヒト白血球抗原の分類

6.3 同種免疫応答の機序

6.4 免疫抑制剤と治療

第7章 移植関連検査

7.1 HLAタイピング検査

7.2 交差適合試験

7.3 造血幹細胞

C.母児免疫と検査

第8章 母児免疫

8.1 母児間血液型不適合による胎児・新生児溶血性疾患

第9章 輸血関連検査

9.1 母体のための検査

9.2 患児のための検査

D.症例集

第10章 症例や状況に応じた輸血検査の進め方と対応

10.1 ABO血液型

10.2 RhD血液型

10.3 稀な血液型

10.4 不規則抗体陽性

10.5 新生児・乳児

10.6 直接抗グロブリン試験

10.7 血液型不適合同種造血幹細胞移植における輸血検査と輸血療法

10.8 超緊急時の輸血への対応

10.9 時間外の輸血への対応

10.10 血小板輸血不応時の対応

E.業務管理

第11章 輸血業務の進め方

11.1 輸血業務の流れ

11.2 輸血部門における業務内容

第12章 血液製剤の管理

12.1 血液製剤を管理するうえでの注意

12.2 輸血用血液製剤の管埋

12.3 自己血の管理

第13章 輸血副作用の把握と対応

13.1 輸血副作用の原因と分類

13.2 輸血副作用の症状と診断

13.3 検査室の対応

13.4 溶血性輸血副作用

13.5 非溶血性輸血副作用

13.6 その他の副作用

13.7 赤十字血液センターにおける輸血副作用などの発生時の対応

付録1 輸血に関連する法律・指針・マニュアルなど

付録2 輸血検査関連試料作製方法

著者名 監修:一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会 
出版年月日 2016年1月30日流通開始NEW
ページ数・判型 286ページ A4判  
価格(消費税含む) 定価5,292円