Pipette Vol.6 Winter 2015
8/8

8JAMTトピックス 一般社団法人日本臨床衛生検査技師会(日臨技)は、各都道府県臨床技師会および臨床検査専門医会等の関連団体の協力のもとに、全国各地で『全国「検査と健康展」』を開催しています。●『全国「検査と健康展」』の開催日臨技では平成25年度より、11月を中心として全国各都道府県臨床検査技師会と共に『全国「検査と健康展」』を開催しています。平成26年度は36都道府県会場で実施され、長崎県会場は全国の中央会場として、規模を拡大して開催されました。●『全国「検査と健康展」』開催の目的『全国「検査と健康展」』は、国民の健康づくりや生活習慣病の早期発見のために、定期的な健康診断の重要性を説くとともに、臨床検査の正しい知識の普及・啓発を行い、国民の健康づくりへの意識高揚を図ることを大きな目的としています。また、学童期や青年期の若い世代に臨床検査の世界や臨床検査技師への興味を持っていただくことも目的の一つです。●中央会場の実際具体的には次のような企画が実施されました。❶健康チェックコーナー簡易血糖、HbA1c、体脂肪率の測定、骨密度測定、頸動脈超音波検査、血圧、脈波検査などの検査の実施と説明❷健康ポスター、パネル等の展示人体と臨床検査に関するパネル、顕微鏡で見るミクロの世界など資料の提示と説明❸健康相談コーナー臨床検査専門医等による健康相談❹リーフレット等の配布健康増進・臨床検査等に関連するリーフレット等の配布多くの来場者のもと盛会に終了しました。「臨床検査技師って」? 季刊誌 ピペット 発行月 平成27年1月  Vol. 6 冬号 発行元 一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会    〒143-0016東京都大田区大森北4-10-7    電話:03-3768-4722 FAX:03-3768-6722JAMTとはJapan Association of Medical Technologistsの略です。昭和27年に日本衛生検査技術者会という前身組織が設立されて以来、62年の歴史を有する職能団体です。本誌名は検査材料などを吸引する検査器具メスピペットに由来し、読者からの声も「吸い上げ」て愛読されるミニコミ誌作りをめざしています。★本誌の閲覧配布にご協力いただける施設を募集中です。上記までお問い合わせください。ムラコニミ★チーム医療と臨床検査技師の仕事(その3)糖尿病療養指導士について糖尿病は血糖値が高い状態が続く代謝異常の疾患です。患者さまのQOL(生活の質)を維持するために、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、その他の職種が連携を取り合いながら糖尿病教育チームを構成しています。その中で臨床検査技師は臨床検査の専門職として、血糖コントロールのための検査や眼底検査、神経検査、心電図検査など合併症の検査やその検査説明を行っています。また自己血糖測定の導入指導や点検も行っています。糖尿病は患者さま自身による自己管理が必要であり、病気の正しい知識を持つことが重要です。尿糖、血糖検査などの自己検査導入時の個別指導も含め、糖尿病療養指導士の資格を持った臨床検査技師が活躍しています。(N)臨床検査を体験する親子長崎県の中央会場参加スタッフ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です