知ってた?保険用語

「対物事故」の補償は20万円まで可能です。

臨床検査業務の遂行に起因して患者さん等の財物に損害を与えた場合や、業務遂行にあたって使用または管理する財物に損害を与えた場合は、 1事故20万円(免責金額なし)まで補償される。

「対物事故」ではこんなにたくさんの対象物が考えられます。

消耗品

自動分析装置の修理費

患者さんの財物

フラスコ・シリンダー・ピペット
ガス分析装置のセンサー・電解質分析装置のセンサー 等

メガネ、ネックレス、時計 等

※イラストをクリックすると大きなサイズでご覧になれます