1. ホーム
  2. 日臨技出版物
  3. 認定心電技師のための心電図の読み方

認定心電技師のための心電図の読み方

認定心電技師試験に合格した人を始め、試験をこれから受ける方、
また受験はしないが心電図に係わる仕事に就いている人たちに役立つ一冊です

内容
 日臨技が日本心電学会と共同でスタートした認定心電技師制度は、 心電図が正確に記録できる知識と技術の向上を基本的な目標に、 記録した心電図を正確に判読し、適切なコメントができる臨床検査技師の 育成に欠かせないものとしてスタートしました。
総論では心電図の歴史から心臓の解剖、刺激伝導、心電図の構造や 設備・機器に至るまで解説されております。患者急変時の対応や患者移動の 介助方法などは現場担当者ならではの内容が盛り込まれています。
各論はいろいろな症状の心電図を1ページにほぼ原寸大に掲載しましたので、 実際の心電図を見ているように感じられます。
心電図の解説は見開きの対向ページに、所見、判読のポイント、鑑別診断に分けて説明しています。
目次
総論
T 心電図総論
U その他の心電図検査
V 検査の実際
IV 心電計の構造と性能
V その他
各論
1 正常心電図、電気軸の異常、心房、心室負荷
2 正常不整脈
3 脚ブロック
4 徐脈性不整脈
5 上室性不整脈
6 心室性不整脈
7 虚血性心疾患
8 その他の疾患
著者名  (社)日本臨床衛生検査技師会
出版年月日  2009年5月31日
ページ数・版型  275ページ A4版
価格(消費税含む)  5,000円(会員特価3,000円)