1. ホーム
  2. 日臨技出版物
  3. 尿沈渣検査法2010

尿沈渣検査法2010

今まで補遺版として出版してきた内容も、この1冊でそのほとんどを網羅

内容
 長年、尿沈渣検査法のスタンダードとして使用されてきた「尿沈渣検査法2000」が新たなJCCLS GP1-P4を盛り込んで「尿沈渣検査法2010」として発刊されました。
 以前から尿沈渣検査の標準化に取り組んできた社団法人日本臨床衛生検査技師会は、1991年に『尿沈渣検査法』(1995年にJCCLSGP1-P2としての承認)を発刊、その後、「尿沈渣検査法2000 (JCCLS GP1-P3)」として改訂され、名実ともに「イエローブック」として親しまれてきました。
 このたび発刊した「尿沈渣検査法2010 」(JCCLS GP1-P4)は、今まで補遺版として出版してきた内容も、この1冊でそのほとんどを網羅いたしました。アトラスはすべて一新し,442枚の鮮明な画像が豊富に掲載され、実践に有用な実技教本となっております。
目次
第一部 尿沈渣検査法 JCCLS GP1-P4

採尿法/尿沈渣標本の作製/尿沈渣の鏡検/尿沈渣成分の分類/尿沈渣成績の記載
自動分析装置による検査について/付記 尿中赤血球形態の判定基準(2010)

第二部 解説 尿沈渣1.総説 尿沈渣検査の目指すもの
  1. 総説 尿沈渣検査の目指すもの
  2. 尿沈渣検査の注意事項
  3. 尿沈渣染色法について
  4. 尿沈渣成分の解説
    非上皮細胞類/上皮細胞類/異型細胞/円柱類/微生物類・寄生虫類/塩類・結晶類 尿沈渣検査の自動化/尿沈渣検査の教育・精度管理/
  5. 目で見る尿沈渣標本の作製手順
第三部 尿沈渣アトラス

A.非上皮細胞類/B.上皮細胞類/C.異型細胞/D.円柱類/E.微生物類・寄生虫類/F.塩類・結晶類/G .その他

著者名(監修/編) (社)日本臨床衛生検査技師会 尿沈渣検査法編集委員会
出版年月日  2011年3月30日
ページ数・版型  110ページ A4版
価格(消費税含む)  5,000円(会員価格 3,500円)