1. ホーム
  2. 会長就任あいさつ

会長就任あいさつ

会長の就任にあたって

一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会
会長 宮島 喜文

本会は昭和27年に創立されて以来、臨床検査を中心にわが国の医療向上に寄与すべく、活動を展開してまいりました。

その間、先人の皆さまのご尽力により、約5万人の会員を擁する職能団体となり、また、全国の病院や検査センター、更には教育機関や企業などで職域を拡大するとともに、臨床検査技師法の改正を通じて会員の身分向上や待遇の改善に取り組んできました。

しかし、少子・超高齢化時代の到来や日本経済の不安定な状態が長く続く中、臨床検査技師の将来は楽観視できる状況にはありません。

今後も、学術活動を通じて最新の医療の知識や技術を習得し、安全で安心な医療を目指して会員の資質向上を図るとともに、全国を対象とした精度保証事業を通じて日本の臨床検査の質の向上に取り組んでまいります。

さらに、臨床検査技師の未来構想を創り、日本看護協会における専門看護師制度と同様な専門臨床検査技師の創設に向けて、生涯教育システムを構築し学術活動を活性化します。

この生涯教育システムにより育成される人材は、日本の将来の臨床検査の向上ならびに臨床検査技師会の更なる発展に寄与するものと考えています。

そのためには、都道府県技師会との組織的な繋がりを重視し相互の情報交換を密にするとともに、対外的には行政や医療関連団体・各種学会などとの連携強化が必要であり、会員の皆さんとともに努力して参ります。一層のご支援とご協力をお願いします。

平成24年6月