感染見舞金制度

業務中・会主催の行事中に「対象となる感染症」に罹患し、通院、入院、死亡または後遺障害を被った場合に感染見舞金をお支払いします。

※通院・後遺障害見舞金については、2019年6月1日以降に診断確定された感染症が支払いの対象となります。

対象となる感染症

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に定める1類〜5類の感染症、および「新型インフルエンザ等感染症」「指定感染症」「新感染症」と、日本臨床衛生検査技師会が給付の対象とする感染症(疥癬、成人性T細胞性白血病、ウイルス性心外膜炎、伝染性単核球症、溶連菌感染による合併症)

見舞金額

※お支払いする見舞金額より振込手数料を差し引いた金額をお振込いたします。

補償項目 見舞金額
死亡見舞金 100万円
後遺障害見舞金 100万円限度*1
入院見舞金 31日以上 10万円
21〜30日 7万円
11〜20日 5万円
10日以内 2万円
通院見舞金 1日以上 1万円

*1 後遺障害見舞金は、その程度に応じて、後遺障害見舞金額の4〜100%をお支払いします。

請求に必要な書類

  必要な書類
入院見舞金 @ 感染症罹患報告書兼請求書
A 感染症の程度を証明する医師の診断書
B 入院日数が明記された証明書類*1

*1 診断書に入院期間が明記されている場合は、省略いただけます。

  必要な書類
通院見舞金 @ 感染症罹患報告書兼請求書
A 診療明細付き領収書
B 感染症名が確認できる書類
(ない場合は、調剤明細書またはお薬手帳のコピー)
  必要な書類
死亡・後遺障害見舞金 @ 感染症罹患報告書兼請求書
A 死亡診断書または死体検案書(死亡の場合)
B 感染症の程度を証明する医師の診断書(後遺障害の場合)
C 日臨技会員の遺族の戸籍謄本
D 日臨技会員の戸籍謄本

お支払いしない場合

  1. 被補償者の故意または重大な過失
  2. 被補償者の親族の故意または重大な過失
  3. 被補償者の自殺行為、犯罪行為または闘争行為
  4. 被補償者の麻薬、あへん、大麻または覚醒剤、シンナーなどの使用
  5. 被補償者が法令に定められた運転資格を持たないで、または酒によってもしくは麻薬、大麻、あへん、覚せい剤、シンナー等の影響により正常な運転ができないおそれがある状態で自動車または原動機付き自転車を運転している間に生じた事故
  6. 被補償者の妊娠、早産、流産または外科的手術その他の医療処置(ただし、当会が補償金を支払うべき感染症を治療する場合にはこの限りではない。)
  7. 地震もしくは噴火またはこれらによる津波
  8. 戦争、外国の武力行為、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動
  9. 核燃料物資説もしくは核燃料物質によって汚染された物の放射性、爆発性その他の有害な特性またはこれらの特性による事故
  10. 前3号に随伴して生じた事故またはこれらに伴う秩序の混乱に基づいて生じた事故
  11. 第9号以外の放射線照射または放射能汚染

(2019年6月作成)

日臨技の補償制度を詳しく見る

pagetop