日臨技認定センター資格情報

認定一般検査技師

 尿や糞便検査、髄液検査は古い歴史のある検査で、本邦特有の「一般検査」という領域で発展してきた。特に尿沈渣検査では標準化事業として多くの先輩諸氏の尽力によって日本臨床検査標準協議会JCCLSの指針提案として認知されている。この標準化を広く浸透させ、施設間差のない付加価値の高い臨床検査情報として発信するためには、この領域での認定制度の設置が必須との思いから2005年に認定一般検査技師制度対策委員会が設置され、その後改変され認定一般検査技師制度設立準備委員会となり本認定制度のあり方やカリキュラムについての検討が開始された。
 その結果、認定一般検査技師に求めることは、一般検査領域の検査材料を正しく取り扱う知識、検査技術を有し、後進の指導、育成 を果すことのできる技師とされ、日臨技の認定資格としては認定一般検査技師が最も早く制度化された。また、一般検査の名称で取り扱う材料は、尿、糞便、髄液、胸水、腹水、心嚢液、関節液、精液等を主な対象とし、鼻汁、胃液、膵液、BALF(気管支肺胞洗浄液)を含むと定められた。
 この一般検査領域は、関連する臨床の学会としては日本腎臓学会や日本泌尿器科学会などがあるが、一般検査を専門とする学会が無いことから従来の専門学会の関与による認定との公平性を保つため臨床検査技師認定センタ−を設置して、外部委員を置き実施されている。
 試験の現状は、カリキュラムは学習の目安として各項目別に学習行動目標とランク付けして作成し、試験問題はその行動目標に沿って検討されている。問題内容は一般検査のみでなく関連する広い臨床知識を含め、問題のエビデンスをはっきりさせるために原則2つ以上の出典を明記し、トピックス問題を入れて時代性を出すなどの内部指針により作成している。2006年の試験から昨年の第9回試験までに、のべ487人の認定一般検査技師が誕生しているが、今後より多くの認定技師が生まれることで診療の最前線にある一般検査から安全・安心で質の高い医療への貢献が期待される。

(文責:油野 友二、中山 茂)

認定試験

認定一般検査師制度 第12回認定試験(平成29年度)

日時 平成29年11月26日(日)
場所 航空会館 〒105-0004 東京都港区新橋1-18-1
参加費 20,000 円(審査料を含む) ※受験申請料は一切返金いたしません。
参加資格 一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会 会員 
内容 認定一般検査師制度 第12回認定試験(平成29年度)実施要項
  • 実施要項
  • web申込みなし

単位取得可能な日臨技認定センター承認研修会開催予定

第16回スキルアップ講習会(臨床一般検査研究会主催)

日時 平成30年8月25日(土)11時40分〜26日(日)15時45分
場所 金沢医科大学
参加費 1日目の講義のみ8,000円、2日間受講14,000円
参加資格 一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会 会員、ほか
内容 第16回スキルアップ講習会
募集人員 120名
申込締切 平成30年7月26日(木)
  • 実施要項
  • web申込みなし

第1回臨床一般部門研修会(岐阜県臨床検査技師会)

日時 平成30年6月17日(日)10時〜16時30分
場所 岐阜赤十字病院 南館2階講堂
参加費 岐阜県会員 1,000円、県外技師会・日臨技のみ会員 1,500円、非会員2,000円
参加資格 一般社団法人日本臨床衛生検査技師会 会員 他
内容 第1回臨床一般部門研修会
募集人員 50名
申込締切 6月10日(日)
  • 実施要項
  • web申込みなし

行列のできるスキルアップ研修会(臨床一般部門企画)  [静岡県臨床衛生検査技師会] 

日時 平成30年5月11日(金) 13時30分〜19時
場所 アクトシティ浜松 研修交流センター 62研修交流室
参加費 3,000円
参加資格 一般社団法人日本臨床衛生検査技師会 会員
内容 行列のできるスキルアップ研修会(臨床一般部門企画)
募集人員 100名
申込締切 平成30年4月15日(日)まで
  • 実施要項
  • web申込みあり

認定資格更新情報

更新料 5,000円 申込締切 平成29年10月31日(火)(必着)
対象 認定一般検査技師の資格を取得している者で、資格有効期限が平成30年3月31日である者。
※詳細は実施要項を参照し、更新手続きを行ってください。
受付期間:平成29年8月1日(火)から平成29年10月31日(火)まで(必着)
  • 実施要項

認定資格者名簿

資格情報 平成30年4月1日現在
  • 資格者名簿

研修会承認申請情報(方法・様式)