1. ホーム
  2. 学会・研修会情報
  3. 日臨技主催研修会

関連団体−講習会・研修会

平成24年度 関連団体の講習会・研修会予定は以下の通りです。

国際医療リスクマネージメント学会 ヒューマンファクター実習研修会の開催について

主催団体(運営主体)国際医療リスクマネージメント学会
開催日程(会期・実施日・受付期間) 平成30年1月22日(月)〜1月24日(水)
開催場所(会場) 東京大学東京大学伊藤国際学術研究センター地下2階・謝恩ホール
内容(テーマ・趣旨) 医療安全教育セミナー2017年度冬期
医療事項の原因分析と改善方法

本教育プログラムは、高度な医療安全活動を構築するための最新の資料を与えるもので、内容は毎年新しい話題を取り上げています。本年度からは学会役員の中で、本分野で経験豊富な諸先生による講演と実習指導が行われます。本講座は3日間参加申し込みのみを受け付けます。参加者には受講証明書を発行いたします。
本プログラムは、厚生労働省の診療報酬改定による「医療安全対策」として診療報酬申請に加算する際に、加算の対象となる2017年度の研修教科内容の1部にもなります。
この場合は、医療安全基礎講座(2017年7月5−7日)ないし医療安全教育セミナー実践編(2017年10月20日〜22日の3日間)と合わせて申請することをお勧めします。本プログラムと合わせて合計40時間以上となります。
また、本プログラムは学会認定「高度医療安全管理者」資格制度ならびに「高度医薬品安全管理者」資格制度での必須科目の1つです。
(第1日目) 2018年1月22日(月) 午前9時〜午後6時
医療ミスを防止するための安全学とRCA(根本原因分析)の演習
受付開始 午前8時
午前9時 開 会
午前9時〜午前10時50分 (全体ガイダンス)医療事故における原因分析と改善方法の基本的考え方 講師:酒井 亮二 (国際医療リスクマネージメント学会理事長)
午前10時50分〜午前11時 休憩
午前11時〜午前12時 (講義)解剖による医療事故原因探索 講師: 野口 雅之 (筑波大学医学医療系診断病理学教授) (内容)  これまでの解剖事例を通じて、病理解剖と臨床家の合同で医学調査をどのように進めているかを解説する。
午前12時〜午後1時 昼食
午後1時〜午後2時 (演習ガイダンス講義 I) (根本原因分析法(RCA)のガイダンス 講師:新村 美佐香 (菊名記念病院医療安全管理者) (内容) 実際に発生した医療ミスのシステム内部の原因を探索し、組織としての改善策を見出すRCAの方法を説明し、午後のRCA実習に関するガイダンスを行う。
午後2時〜午後6時 (演習 I)根本原因分析(RCA) 演習担当者:新村 美佐香 (菊名記念病院医療安全管理者)(内容) 根本原因分析(RCA)の方法を少人数グループで演習する。
午後6時  第1日目閉会

(第2日目) 2018年1月23日(火) 午前9時〜午後6時
FMEA(設計故障モード影響解析)の演習
入室開始 午前8時30分
午前9時〜午前10時50分 (講義)医療安全におけるリスク分析・評価の方法 講師:酒井 亮二 (国際医療リスクマネージメント学会理事長) (内容) 医療事故の予防と事故時の対応のあり方に関するリスク分析の基本的考え方を講義する。
午前10時50分〜午前11時 休憩
午前11時〜午前1時 (演習ガイダンス講義 ?)FMEA(設計故障モード影響解析法)のガイダンス 講師:清野 敏一(帝京薬科大学、東大病院前医薬品安全管理者) (内容) 院内システム内部に潜むミスの可能性を未然に探索し、組織としての改善策を見出すFMEAの方法を説明し、午後のFMEA実習に関するガイダンスを行う。
午後1時3〜午後2時 昼食
午後2時〜午後6時 (演習 ?)  設計故障モード影響解析(FMEA) 演習担当者清野 敏一(帝京薬科大学、東大病院前医薬品安全管理者) (内容) 設計故障モード影響解析(FMEA)の方法を少人数グループで修得する。
午後6時 第2日目閉会

(第3日目) 2018年1月24日(水) 午前9時〜午後4時
KYT(危険予知訓練)の演習ならびに医療安全のためのリスク分析
入室開始 午前8時30分
午前9時〜午前10時20分 (演習ガイダンス講義 ?)KYT(危険予知訓練法)のガイダンス 講師:三上 久美子 (横浜市立みなと赤十字病院医療安全管理者) (内容) 院内に潜む医療ミスの原因を予知する個人の能力を向上するKYTを説明し、1月30日のKYT実習に関するガイダンスを行う。
午前10時20分〜午前10時30分 休憩
午前10時30分〜午後2時 (演習 ?)危険予知訓練(KYT)演習 演習担当者:三上 久美子 (横浜市立みなと赤十字病院医療安全管理者) (内容) 危険予知訓練(KYT)の方法を少人数グループで修得する。
午前12時〜午後1時 昼食
午後2時〜午後4時 (全体討論会) 座長 新村 美佐香 (菊名記念病院医療安全管理者) (内容) 以上3種類の演習を通じて、演習参加者自身による討論会を行います。
午後4時 全体閉会

関連リンク
対象(参加資格)医療施設経営者、専従医療安全管理者、専任医療安全管理者、医療安全管理者、歯科医療安全管理者、リスクマネージャー、医薬品安全管理者、医療機器安全管理者、石、歯科医師、看護師、薬剤師、歯科衛生士、臨床工学技士、放射線技師、臨床検査技師、医療事務関係者、医療産業界関係者、その他の医療従事者
募集人員 定数 400名
※定数になり次第締め切ります。
締切(定員・募集人数)平成30年1月15日(月)
申込方法(申込先) https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfwNEdNlBNq2kkCkH0nyDqwsoik9aB_bL3XzSrCISxUByuvlQ/viewform?c=0&w=1
URL(学会URL・問合せ等URL)http://www.iarmm.org/J/

公益社団法人日本看護協会・ ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社より「第14回ヘルシー・ソサエティ賞 候補者推薦のお願い」

内容(テーマ・趣旨) 教育者部門
社会のあらゆる場において、教育を深め、人々に更なる知識を与えた功績を対象とします。例えば、学生・生徒達を特別な方法で指導し、本来の担当業務の範囲を超えて特別な努力をされた先生、その方の教えがより良い明日の実現のために貢献したと考えられる教育者・研究者の方、または社会的に不利な立場にある方々の教育に多大な努力をされた方等です。

ボランティア部門

チャリティーや、国民の福祉を向上させる活動等、ある目的のための非営利団体で活躍されている方、もしくは地域福祉の向上や市民としての活動等において国内・国外で指導的役割を果たし、多大な貢献をされている方を対象とします。金銭的報酬なしに活動されている方でも、非営利団体等においてプロとして活動されている方でも構いません。

医療従事者部門

患者や高齢者、または障害者など、社会的に不利な立場にあり援助を必要としている方々のケアのために特別な努力をされた方を対象とします。例えば、看護師、医師、ソーシャル・ワーカーなど医療全般のあらゆる分野で活躍する方で、対象となる人もしくは特定のグループの健康増進・福祉向上のために行なった多大な努力を表彰します。

パイオニア部門

健全な社会の実現のため、医療、介護、関連産業、あるいは社会そのものにおいて、病気への取り組み、病気になりにくいよう心身両面での健康を保つための取り組みなど、革新的、つまりこれまでになかった取り組みによって新しい価値を創造している方を対象とします。健康の増進のために、多様な分野で新規性の高いしくみやアプローチを打ち出した方を顕彰することにより、広く社会への普及と潜在的な可能性の実現につながることを狙いとするものです。

受賞者の選出

受賞者は推薦された全候補者の中から、審査委員会の厳正なる審査によって選出されます。候補者は日本国籍に限ります。候補者推薦締め切りは平成29年11月15日(水)までに事務局必着にてお願い申し上げます。
なお、選考結果は決定次第、受賞者とその推薦者へ通知致します。選出されなかった応募者につきましては、推薦者へのみ通知いたしますので予めご了承ください。
受賞結果に関するお問い合わせはご遠慮願います。

募集・発表
【募集期間】平成29年9月中旬〜11月15日(水)【候補部門】教育者部門・ボランティア部門・医療従事者/医療介護部門・パイオニア部門【推薦方法】他者推薦【応募方法】推薦用紙(WORD形式 または、PDF形式)にご記入の上、
E-mail(jimukyoku@healthysociety-sho.com)または、
FAX (03-5404-3814)にてご応募ください。



【受賞者発表】選考結果は決定次第 受賞者とその推薦者に通知【授賞式・祝宴】平成30年3月8日(木) 都内ホテルにて開催予定【正賞】受賞者には賞状と記念杯を贈呈
関連リンク
申込方法(申込先) http://www.healthysociety-sho.com/about/index.html#a

日本学術会議ニュース

主催団体(運営主体)日本学術会議地域研究委員会
開催日程(会期・実施日・受付期間) ◆主 催:日本学術会議地域研究委員会
      アジアの地域協力の学術的ネットワーク構築分科会
◆参加費:無料
開催場所(会場) ◆日 時:平成29年9月21日(木) 13:00〜15:00
◆場 所:青山学院大学総合研究所ビル12階大会議室(国際会議場)
     (東京都渋谷区渋谷4-4-25)
内容(テーマ・趣旨) ◆参加費:無料
◆開催趣旨:
 東アジアの情勢が緊迫の度合いを増してきている。日本学術会議では、23期
(2014-2017)において、人文社会科学の縮小をめぐる議論や、軍事安全保障と学
問についての声明が出される中、第一部全体で日本の学術をめぐる大きな転換点
としての議論が継続されてきた。

 また地域研究委員会から大型プロジェクトとして「欧州とアジアにおける地域
協働及び歴史的対立関係の修復に向けての総合的共同研究プロジェクト」が採択
され、アジア諸国とくに日中韓との学術連携とデータベース整備の基盤が整いつ
つあり、他方、政治学委員会比較政治学分科会はアジアを中心とする人材育成に
向けて、報告「グローバル化と地方再生のための人材育成―シンクタンク・ネッ
トワーク形成と若者の未来―」を作成した。

 これらを踏まえ、今期のアジアの地域協力の学術的ネットワーク構築分科会、
地域統合分科会のまとめとして、上記の学術会議の日本と東アジア情勢をめぐる
学術を含む緊迫した動きをどのように受け止めるかを含め、シンポジウムを開催
し、次期24期に引き継ぐこととしたい。東アジア共同体の学術基盤形成委員会に
よる提言を受け引き継ぐ形で形成された分科会の3年間を総括し、ますます緊迫
度を増し重要となってきている東アジアにおいて、日中韓三国協力の実態、欧州
の安全保障をめぐる話し合いの場の組織化により、紛争を防ぎ安定化を目指して
きた制度化の動きを参考にしつつまとめを行う。それにより24期には東アジア
の流動的現状を踏まえながら、可能であれば提言ないし報告を提起する形で引き
継いでいきたい。
◆次 第:
13:00 開会挨拶、趣旨説明
羽場 久美子(日本学術会議第一部会員、
       青山学院大学大学院国際政治経済学研究科教授)

13:05 「日本史から見たアジアの地域共同に向けての課題」
大日方 純夫(日本学術会議連携会員、早稲田大学文学学術院教授)

13:25 「前委員会東アジア共同体・アジア地域協力に向けての経緯と課題」
小谷 汪之(日本学術会議連携会員、東京都立大学名誉教授)

13:40 「最近の北東アジア情勢と日中韓三国協力の関わり」
岩谷 滋雄(リンガハウス教育研究所理事長、
      元外務省日中韓三国協力前事務局長)

14:00 「アジア法の過去・現在・未来──植民地支配からPACLへ」
金山 直樹(日本学術会議連携会員、慶應義塾大学法学部教授)

14:15 「アジア地域協力の現状と課題―アジアの安全保障の制度化」
羽場 久美子(日本学術会議第一部会員、
       青山学院大学大学院国際政治経済学研究科教授)

14:30 フロアとの質疑応答

14:45 閉会挨拶

◆問合せ先
 日本学術会議事務局(担当:砂山)
 03-3403-5706


関連リンク
関連リンク
問合先 【全体問合せ先】
 日本学術振興会 研究事業部 研究事業課
 E-mail: h-s@jsps.go.jp
 TEL: 03-3263-1106、4645

【会場・アクセス、当日の問合せ先】
 大阪大学 経営企画オフィス URA部門
 E-mail: info-ura@lserp.osaka-u.ac.jp
 TEL: 06-6879-4817

医療事故調査制度管理者・実務者セミナーのご案内

主催団体(運営主体)日本医師会(日本医療安全調査機構 委託事業)
開催日程(会期・実施日・受付期間) ◆講習会概要
日程 平成29年10月02日(月)東京会場(200名)/日本医師会館
   平成29年10月18日(水)青森会場(200名)/国際ホテル
   平成29年11月02日(木)高松会場(200名)/レグザムホール
   平成29年11月16日(木)帯広会場(200名)/ホテル日航
   平成29年11月30日(木)金沢会場(200名)/石川県立音楽堂
   平成29年12月14日(木)京都会場(200名)/メルパルク京都
   平成29年12月22日(金)鹿児島会場(200名)/TKP ガーデンシティ鹿児島中央

時間 各会場とも13:00〜17:30
開催場所(会場) 全国7都市
内容(テーマ・趣旨) この度、医療事故調査を行うにあたっての知識及び技能の習得、医療事故調査制度を牽引する各医療機関の管理者、実務者の養成を目的とした研修を行います。
なお、 本研修会は、日本医師会が医療事故調査・支援センター(一般社団法人日本医療安全調査機構)からの委託を受けて実施するものです。

関連リンク
募集人員 定員各会場200名前後
受講料(参加費・受講費) 参加費:1500円(税込)
問合先 医療事故調査制度管理者・実務者セミナー 登録事務局
メールアドレス:seminar@c-linkage.co.jp
電話:03-3263-2359
受付時間:平日10:00〜17:00
申込方法(申込先) https://reg2.c-linkage.co.jp/entry-registry/join/info/c2ae5b127d#!

国際医療リスクマネージメント学会(チーム医療安全研修会2017) 参加申し込みを開始しました。

主催団体(運営主体)国際医療リスクマネージメント学会
大会長酒井 亮二
開催日程(会期・実施日・受付期間) 2017年11月11日(土)〜12日(日)、 東京大学

開催場所(会場) 会場 東京大学医学部本郷キャンパス
対象  学会員(国際医療リスクマネージメント学会ないし日本医療安全学会)、医療安全管理者、リスクマネージャー、医薬品安全管理者、医療機器安全管理者、医師、歯科医師、看護師、薬剤師、歯科衛生士、臨床工学技士、放射線技師、臨床検査技師、法関係者、医療事務関係者、その他。
参加申し込み締め切り 2016年11月6日
`    定数(160名)になりしだい閉め切ります。
参加申し込みは以下のホームページを参照下さい。
http://www.iarmm.org/J/TEAM2017November/


内容(テーマ・趣旨)  
目的 TeamSTEPPSを中心として、チーム医療による医療安全に関する基本技術を習得する。

講師: 海渡 健  東京慈恵会医科大学附属病院医療安全推進室、教授

辰巳 陽一 近畿大学医学部附属病院安全管理部、教授

(第1日目) 2017年11月11日(土) 午前10時〜午後4時

東京大学医学部医学教育研究棟13階第6+7セミナー室

「チームから個人へ、個人からチームへ」


受付開始 午前9時


10:00-12:00 「チームと個人への理解のためのTeamSTEPPS概説」

近畿大学医学部 安全管理部医療安全対策室 教授 辰巳 陽一


13:00-14:00 「レジリエンスとノンテクニカルスキル/TeamSTEPPSの融合」

近畿大学医学部 安全管理部医療安全対策室 教授 辰巳 陽一


14:00-15:30 「良質なチーム医療を行うために個人が発揮すべきノンテクニカルスキル」

東京慈恵会医科大学附属病院 医療安全管理部 教授 海渡 健

15:30-16:00 総合討論

午後4時  第1日目閉会


(第2日目) 2017年11月12日(日) 午前10時〜午後4時

東京大学医学部医学教育研究棟13階第6+7セミナー室

「医療チームにおけるリーダーシップ/フォロワーシップの理解」



入室開始 午前9時30分


10:00-イントロダクション リーダーシップ/フォロワーシップとマネジメント

10:30-12:30 「誰にも求められるリーダーシップとマネジメント」

滋賀大学経済学部 教授 小野 善生 

13:30-14:30 「医療チームのリーダー・フォロワーシップをノンテクニカルスキルで切る」

近畿大学医学部安全管理部 教授 辰巳 陽一

14:30-15:30 「救急医療チームが実践するリーダーシップとフォロワーシップ」

横浜市立大学附属市民総合医療センター 医療安全管理室 准教授 中村 京太

15:30-16:00 総合討論

午後4時   全体閉会

関連リンク
関連リンク

第35回私立医科大学臨床検査技師会学術研修会

主催団体(運営主体)私立医科大学臨床検査技師会
大会長谷 浩也
開催日程(会期・実施日・受付期間) 平成29年11月11日(土)10:00〜16:30(受付9:30)
開催場所(会場) 株式会社堀場製作所2階会議室
〒101-0063東京都千代田区神田淡路町2-6-1神田淡路町二丁目ピル
内容(テーマ・趣旨) 第35回私立医科大学臨床検査技師会学術研修会プログラム
テーマ:「私立医科大学病院」発!検査データを総合的に診る(RCPC)
9:30〜受付開始
10:00〜開会の辞
10:05〜10:10会長挨拶
○一般演題発表
(10:10〜10:50)座長 今枝義博(藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院)
1.血液培養より分離されたEgger lenta の一症例
獨協医科大学越谷病院臨床検査部 安西菜摘ほか
2.当院で検出された赤痢アメーバの一症例
獨協医科大学病院臨床検査センター 大塚啓光ほか
3.新たなMALDI−TOFMSによる糸状菌同定は有用か
帝京大学医療技術学部臨床検査学科 中澤英恵ほか
(10:50〜11:30) 座長 伊佐浩紀(日本大学医学部附属 板橋病院)
4.中枢性睡眠時無呼吸を契機に診断されたキアリ奇形の1例
愛知医科大学病院睡眠科・睡眠医療センター 今井正人ほか
5.PSG検査により確認されたレム睡眠行動異常症の一例
獨協医科大学越谷病院臨床検査部園部晴花ほか
6.HCCGsを中心とした子宮頸部LBC標本の検討
藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院病理部 近藤直希ほか

○日本臨床衛生検査技師会からのお知らせ
(1:30〜12:00) 司会 吉益 忠則(東京慈恵会医科大学附属第三病院)
臨床検査技師のためのeラーニングシステムーバリューレゾリューションのご紹介〜
アイアイシステムズ 山本次郎

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
○ランチョンセミナー
(12:10〜13:00)
司会 間宮一夫 (日本医科大学付属病院)
1.急性腎障害の新規マーカー尿中NGALについて
アボットジャパン株式会社 学術情報室 青木和雄
2.免疫検査の標準化相関性の視点から
シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社
 LD事業本部Centaur製品グループ 荻原貴裕
3.投与薬剤が臨床検査値に与える影響について
 積水メディカル株式会社検査事業部営業部
 首都圏第一営業所 学術企画担当 市原文雄
○シンポジウム
(13:00〜15:00)
検査データを総合的に診る(RCPC)
司会 間瀬浩安(東海大学医学部付属病院)
嘉成孝志(東京医科大学八王子医療センター)
1血算の診かた一貧血を鑑別してみようー
獨協医科大学病院臨床検査センター 新保 敬
2輸血療法における特異症例への対応
順天堂大学医学部附属順天堂医院 輸血・セルプロセシング室 大澤俊也
3.一般検査データから診るRCPC
東京女子医科大学病院中央検査部 検体検査室 横山 貴
4.1枚の心電図から何を推測するか
東京女子医科大学病院中央検査部心電図検査室 市川 篤
(15:00〜15:20)休憩
○特別講演
(15:20〜16:20)司会 谷 浩也(愛知医科大学病院)
「人工知能(AI)と検査について」
シスメックス株式会社中央研究所第一研究グループ主任研究員 高畑隆之
16:20〜閉会の辞


問合先 私立医科大学臨床検査技師会事務局
〒350-0495
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38埼玉医科大学病院中央検査部齊藤雅一
TEL:049-276-1434FAX:0492-76-1434メール:msaitoh@saitama-med.ac.jp
私立医科大学臨床検査技師会会長連絡先
〒480-1195愛知県長久手市岩作雁又1-1愛知医科大学病院中央臨床検査部
谷浩也TEL:0561-62-3311

一般社団法人日本病院会日本病院会主催「医師・歯科医師とメディカルスタッフのための栄養管理セミナー」 開催案内

主催団体(運営主体)一般社団法人日本病院会
大会長東口高志
開催日程(会期・実施日・受付期間) 開催日程:平成29年10月14日(土)、15日(日)
対象者: すべてのメディカルスタッフ

「栄養サポートチーム加算」が設定され、栄養管理に関わる専門的知識を有する、層の厚いチーム医療が求められている現在、本セミナーは医師・歯科医師だけでなく、臨床検査技師の方にとっても大いに役立つ情報を提供します。
本セミナーは、基礎から臨床までのノウハウが凝縮された濃い内容となっておりますので、この機会にぜひ臨床検査技師の皆様に本セミナーをご受講いただければと思います。そして、栄養サポートの質向上に貢献できる、チーム医療の一員となっていただけたらと願います。
本セミナー終了後は、日本静脈経腸栄養学会認定の全国学会・地方会・研究会として2単位を取得することができます。
問合先 事務局:一般社団法人日本病院会 学術研修課 出端、片岡
〒102-8414 東京都千代田区三番町9-15
TEL:03-3265-0077
FAX:03-3238-6789
E-mail:dehare@hospital.or.jp
URL(学会URL・問合せ等URL)http://www.hospital.or.jp/pdf/08_20170325_01.pdf

医療安全教育セミナー(実践編)2017

主催団体(運営主体)国際医療リスクマネージメント学会 医療安全教育セミナー(実践編)2017
開催日程(会期・実施日・受付期間) 2017年10月20日(金)〜10月22日(日)
開催場所(会場) 趣旨: 本プログラムは、医療機関で安全管理を担当される方を対象に、現場に即した医療安全に必要となる高度な知識を講義します。本セミナーはコース制で、3日間参加申し込みのみを受け付けます。

平成24年度診療報酬改定(平成22年告示第69号)により、専従医療安全管理者以外に、専任医療安全管理者が医療安全対策費の対象となります。
また、学会認定「高度医療安全管理者」資格制度の必須科目でもあります。
参加者には受講証明書を発行いたします。
受講対象者: 国際医療リスクマネージメント学会の学会員、日本医療安全学会の学会員、医療従事者、統括医療安全管理者、専従医療安全管理者、専任医療安全管理者、医療リスクマネージャー、歯科医療安全管理者、医療機器安全管理者、医薬品安全管理者、その他の医療福祉関係者、その他医療機関に勤務の方(医療での職種は問いません)。
試験は実施されません。


(第1日目) 2017年10月20日(金) 午前9時30分〜午後4時30分

会場: ホテル東京ガーデンパレス (東京都文京区湯島1丁目7−5)

受付開始 午前9時
開 会  午前10時 
午前10時〜午前10時5分 (ガイダンス)
午前10時5分〜午前12時   (シンポジウム ?)  院内事故調査の進め方  中小規模医療機関での対応の現状と未来

司会: 新村 美佐香 (菊名記念病院)、日本医療安全学会代議員

午前10時5分〜午前10時30分  新村 美佐香、菊名記念病院医療安全管理者、日本医療安全学会代議員

午前10時30分〜午前11時 大野 浩正、海老名総合病院安全推進部医療安全対策室

午前11時〜午前11時30分  川? 志保理 順天堂大学医学部 心臓血管外科学・病院管理学 順天堂大学医学部附属順天堂医院 医療安全推進部先任准教授 --- 東京都医師会推薦

午前11時30分〜午前12時 総合討論
(概要) 日本政府では院内事故調査制度を導入し、すべての医療機関に対して医療事故による死亡調査の届け出を義務化しました。

中小規模の医療機関では調査に関する人材確保などの様々な問題があります。
そこで本シンポジウムにて中小規模の医療機関がこれにどう対応すべきかを検討します。
また、医療事故時における家族対応の仕方を検討します。
午前12時〜午後1時   昼食
午後1時〜午後2時50分 (シンポジウム ?)    TEAM STEEPSの現場への導入と活用方法 

司会: 荒井 有美 (北里大学付属病院)

午後1時〜午後1時30分  荒井 有美、北里大学付属病院、医療安全管理者        

午後1時30分〜午後2時   鈴木 真、亀田メディカルセンター 総合周産期母子医療センター長 

午後2時〜午後2時30分  中澤 靖、慈恵医大感染制御部

午後2時30分〜午後2時50分  総合討論
(概要) TEAM STEEPSは米国厚生省によって開発された多職種の円滑なコミュニケーション技術です。
それを実際の医療現場で上手に導入する方法をいくつかの先進的な医療機関の事例を交えて検討します。
午後2時50分〜午後3時  小休憩
午後3時〜4時30分
(講義)  「レジリエンス・エンジニアリング」を現場に実装して --高信頼性組織を構築するには  

(講師) 石橋 明、失敗学組織行動分科会長・安全マネージメント研究所長

(概要) 講師は東大工学部で安全問題を長年研究され、信頼される組織とはどのようなものかを講義していただきます。

午後4時30分  第1日目閉会


(第2日目) 2017年10月21日(土) 午前9時〜午後5時
会場: 東京大学医学部1号館3階講堂 (東京都文京区本郷7-3-1)
受付開始 午前8時30分
午前9時〜午前10時50分
(講義) 安全対策の実施確認方法のすすめ方
(講師) 小松原 明哲、早稲田大学 理工学術院創造理工学部・研究科経営システム工科教授、日本医療安全学会代議員
午前10時50分〜午前11時  小休憩
午前11時〜午前12時 
(講義)  医療安全から見た臨床指標の現状と課題
(講師) 長村 文孝、東京大学医科学研究所附属病院教授、同医療安全前部長、日本医療安全学会理事
(概要) 臨床指標(Clinical Indicator) は医療の質を定量的に評価し、病院の様々な機能を評価するものです。
医療安全管理者の経験から、その利用に際しての問題点を講義します。
午前12時〜午後1時   昼食
午後1時〜午後2時20分
(講義) 専門家組織の上手な作り方 
(講師) 若林 直樹、京都大学経済学部経営学教授
(概要) 医療安全部門は部門内外で様々な組織を構築するという難問を抱えています。
そこで、円滑な組織づくりというマネージメント(経営)の難問を解決する方法について講義いただきます。
午後2時20分〜午後2時30分   小休憩
午後2時30分〜午後3時50分 (講義) 急変時迅速対応システム
(講師) 新井 正康、北里大学医学部 新世紀医療開発センター ・集中治療医学教授
(概要) 患者容態の危機的変化時の適切な対応のために開発された最新の方法を講義します。
午後2時20分〜午後2時30分   小休憩
午後4時〜午後5時   
(講義) 安全教育における適切な教材の作り方
(講師) 加藤 重樹、日本交通安全教育普及協会教育普及部長
(概要) 安全教育のためのテキスト作りに関して日本で一番長い歴史を持つ協会の経験を踏まえて、上手なテキスト作成のポイントと注意点を講義していただけます。
午後5時   第2日目閉会

(第3日目) 2017年10月22日(日) 午前9時〜午後5時  

会場: 東京大学医学部1号館3階講堂 (東京都文京区本郷7-3-1)
受付開始 午前8時30分
午前9時〜午前12時 
(シンポジウム ?) 医療安全教育へ倫理をどう進めるべきか
(座長) 藤井 千枝子、慶応大学教授、日本医療安全学会理事
午前9時〜午前9時50分     看護の立場から   藤井 千枝子、慶応大学教授、日本医療安全学会理事
午前9時50分〜午前10時40分  医療安全管理者の立場から  新村 美佐香、菊名記念病院医療安全管理者、日本医療安全学会代議員
午前10時40分〜午前11時30分  病院長の立場から    許 俊鋭 、東京都健康長寿医療センター・センター長、東大病院重症心不全治療開発講座元教授、日本医療安全学会理事
午前11時30分〜午前12時    総合討論
(概要) 医療安全には職員の倫理教育が不可欠ですが、かなりの難問です。そこで、どのように取り込むべきかを検討します。
午前12時〜午後1時   昼食
午後1時〜午後2時20分 
(シンポジウム ?)  医療安全チームのマネージメントの現状と課題 ---うまくいっている病院の事例
(座長) 清野 敏一、帝京平成大学薬学部教授、東大病院前薬剤部副部長、日本医療安全学会理事
パネリスト  
夏目 隆史、亀田総合病院 メディカルディレクター 医療安全管理室室長 舟越 亮寛、亀田総合病院 医薬品安全管理者  

総合討論
(概要) 医療安全チームは多職種で構成され、職種間の円滑な交流が不可欠です。その成功事例から検討します。
午後2時20分〜午後2時30分     小休憩
午後2時30分〜午後3時50分 (講義) 利益相反(COI)とは何か
司会 藤井 千枝子、慶応大学教授、日本医療安全学会理事
(講師) 飯田 香緒里、東京医科歯科大学産学連携研究センター長、教授
(概要) 医療や安全には利益相反問題が密接に関係します。
講師は医療での利益相反について大規模な全国規模の調査経験を有しており、それを踏まえて利益相反とは何かを講義します。
午後3時50分〜午後4時     小休憩
午後4時〜午後5時   
(講義) 日本医学会 COI(利益相反)管理ガイドラインの概要
司会 藤井 千枝子、慶応大学教授、日本医療安全学会理事
(講師) 朴 成和、国立がん研究センター中央病院科長、日本医学会COI委員会委員
(概要) 最近作成された日本医学会による利益相反に関するガイドラインの概要を講義していただきます。
午後5時  全体閉会

内容(テーマ・趣旨) http://www.iarmm.org/J/PS2017Oct/prog.htm
関連リンク
関連リンク
締切(日時)2017年10月10日(火)
締切(定員・募集人数)150名
申込方法(申込先) http://www.iarmm.org/J/PS2017Oct
URL(学会URL・問合せ等URL)http://www.iarmm.org/J/PS2017Oct/prog.htm

第4回「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」候補者推薦

主催団体(運営主体)一般社団法人日本病院会、公益社団法人地域医療振興協会、MSD株式会社
開催日程(会期・実施日・受付期間) 「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」は医療分野におけるイノベーターを顕彰することを目的として2014年に創設された賞です。

本賞は、日本の健康・医療政策の推進及び健康寿命の延長に多大な貢献が期待される業績を上げた個人を対象とし、臨床研究、基礎研究及びトランスレーショナルリサーチ等における革新的な研究成果を顕彰します。選考にあたっては、当該研究がもたらす成果により人々の健康が大幅に増進することができるかどうかという点に着目し、医療にまつわる諸問題の新しい解決法の発見、積年の課題に対する革新的な取り組みの具現化、医療現場における業務の飛躍的な進歩を可能にした取り組み、医療政策の実現に向けた革新的な活動等を含めた幅広い観点から検討を行います。

本賞はまた、その選考過程を通じて、日本の科学技術力が世界中の患者さんを救う目的に活用できることを改めて確認し発信していくことも意図しています。

顕彰は、全国から寄せられた候補者の中から、独立した審査委員会による厳正なる審査により選考されます。本賞の審査基準は、例示すると以下の通りです。
?新しい治療に道を開く等、人々の健康に多大な恩恵をもたらす、科学的に極めて重要な研究結果を見出したこと
?メディカルサイエンスの研究開発において継続的に卓越した業績を築いていること
?AI等新たな技術の活用等、新たな診療のあり方、医療サービス等の開発の礎となる発見、若しくは医学の飛躍的な進展につながる研究、教育又はその実現につながる業績を上げたこと
?公衆衛生の向上につながる予防・診断・治療分野での画期的な解決法を見出したこと
?介護・福祉分野等において、新しい考え方や革新的な形態で諸活動を行い、その成果を上げていること

広い意味で医療に関係する限りにおいて、その活動分野に特段の制限はありません。臨床及び基礎医学、トランスレーショナルリサーチ、予防医学、看護学、介護学分野等の研究者、医師、看護師、介護士、ヘルスケア産業従事者等、職種にかかわらず、その卓越した知識や活動が医療科学の進展を促し、人々の健康に大きな恩恵をもたらす成果を挙げた個人が対象となります。

候補者推薦用紙
http://innovator-of-the-year.com/wp/wp-content/uploads/2017/08/recommendation2017.doc
pdf版
http://innovator-of-the-year.com/wp/wp-content/uploads/2017/08/recommendation2017.pdf
開催場所(会場) 応募形式
他者による推薦(審査基準例示)

推薦締切
2017年9月15日(金)必着

応募方法


E-mail
info@innovator-of-the-year.com

FAX
03-5404-3814

郵便
「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」事務局宛
〒152-0023 東京都目黒区八雲2-8-6-205 jl気付
※候補者の推薦にあたり、推薦者以外の第三者による推薦状(様式不問)を添付していただ くことができます。推薦状には、受賞者に相応しい功績であることを示す当該第三者による評価 結果及びその理由(論文、学会発表、表彰等)を具体的に分かりやすく記載して下さい。
※推薦用紙は本ページでダウンロードいただくか、事務局にお問合せ下さい
※なるべくデータでお送り下さい


選考結果発表
10月中旬に推薦者及び受賞者に通知
締切(日時)2017年9月15日(金)必着
申込方法(申込先) http://innovator-of-the-year.com/wp/wp-content/uploads/2017/08/recommendation2017.doc
URL(学会URL・問合せ等URL)http://innovator-of-the-year.com/

第28回日本体力医学会スポーツ医学研修会

主催団体(運営主体)日本体力医学会スポーツ医学研究会
開催日程(会期・実施日・受付期間) 基礎コース:平成29年6月30日(金)、7月1日(土)
応用コース:平成29年8月4日(金)、5日(土)
開催場所(会場) 東京慈恵会医科大学西新橋校各会議室・大学1号館6階機能系実習室など
内容(テーマ・趣旨) 基礎コース:運動生理学やスポーツ医学等の基礎的事項を前提に、さらに進んだ生理学(神経・筋、呼吸、循環、代謝など)や化学、栄養学および運動処方の基礎などを中心に学びます。
応用コース:基本的な運動指導の実際について学びます。実習では自転車エルゴメータによる運動負荷試験をもとに運動処方を作成します。また、近赤外分光装置を用いた運動時の筋酸素化動態のチェック、呼吸機能検査、体組成測定法、テーピングや筋力トレーニング実習、研究計画の作成に関するグループワークも行います。
対象(参加資格)日本体力医学会非会員の方も参加できます。
募集人員 定員は各コース40名
受講料(参加費・受講費) 基礎コース、応用コースおよび修了試験のすべてを受講する場合:50,000円
単科コース(基礎コース、応用コースの各コース単独受講)の場合は:各25,000円

2コースの受講を原則としますが、定員に余裕があれば単科コースの受講も可能です。
問合先 〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13 ユニゾ小石川アーバンビル4階
一般社団法人 学会支援機構内
日本体力医学会スポーツ医学研修会 係
電話:03-5981-6015 FAX:03-5981-6012
E-mail: jspfsm@asas-mail.jp
申込方法(申込先) 本研修会受講希望者は、ハガキまたはFAXで、日本体力医学会スポーツ医学研修会を受講したい旨をご連絡ください。
仮申込受付後、申込書類をお送りいたしますので、要領に従いお申込みください。
なお、申込に際し、受講料をご案内の口座に2週間以内にお振込みください。
お振込みをもって正式な申し込みとさせていただきます。
定員に達し次第、締め切らせていただきますのでご了承ください。
受講票、受講料などの連絡は、受講通知とともに後日ご案内させていただきます。
なお、申し込みが20名に満たない場合には中止させていただきますのでご了承ください。その時には受講料を払い戻しますが、本人都合による返金には応じられませんので、あらかじめご了承ください。 関連資料はこちら

第22回〜世界結核デー記念〜国際結核セミナー・平成28年度全国結核対策推進会議

主催団体(運営主体)公益財団法人 結核予防会結核研究所
開催日程(会期・実施日・受付期間) 平成29年3月2日(木)14:30〜19:10 〜世界結核デー記念〜国際結核セミナー
平成29年3月3日(金)9:15〜15:15 全国結核対策推進会議
開催場所(会場) ヤクルトホール
東京都港区東新橋1-1-19

JR新橋駅より徒歩5分、都営浅草新橋駅1番出口より徒歩1分、東京メトロ銀座線新橋駅2番出口より徒歩3分
内容(テーマ・趣旨) 第22回〜世界結核デー記念〜国際結核セミナー

2020年日本の結核低まん延を見据えた新たな結核対策

本年11月25日に結核に係る特定感染症予防指針が改定され、2020年の東京オリンピック開催に向け、日本の結核低まん延化(結核罹患率を人口10万人対10未満)に向けた新たな方向性が明らかになりました。これを受け、今年度の〜世界結核デー記念〜国際結核セミナーでは、低まん延化に向けた今後の結核対策に焦点を当て、オランダ結核予防会KNCVから Dr Gerard de Vries先生をお招きし、低まん延国を代表するオランダでの結核対策の現状とその成果について特別講演をお願いしました。シンポジウムでは、de Vries先生の講演内容を受けて、オランダでの結核対策を、日本国内の結核対策に活かすべく、結核集団発生、分子疫学により判明した集団発生事例、ハイリスクグループや外国人に対する健診の状況と成果及び問題及び今後について報告をいただく予定です。


特別講演:「結核低まん延国オランダにおける対策の現状と課題」
            Dr. Gerard de Vries, KNCV Foundation(王立オランダ結核予防会)
シンポジウム「2020年低まん延化を見据えた新たな結核対策(仮)」


平成28年度 全国結核対策推進会議

結核に係る特定感染症予防指針改正を踏まえた今後の結核対策

結核に関する特定感染症予防指針の一部改正とそれに関わる関連通知が発出され、新たな目標が示されました。主なものとして、患者中心のDOTSの推進、病原体サーベイランスの推進、低まん延化に向けた体制の検討があげられていることから、午前の部ではその概要と解説、午後の部では、増加している外国出生結核患者の支援を取り上げました。医療機関の病棟や外来、保健所、また帰国に際する支援など様々な取り組みをご報告いただき、フロアーの皆様と今後の対策に向けて討議を深めたいと考えております。
 講演 1 「予防指針の改正について」
 講演 2 「潜在性結核感染症の精密検査(管理検診)について」 
 講演 3 「分子疫学調査の手引き」
 講演 4 「多剤耐性結核治療の国際的な潮流」
 シンポジウム 「多様化する外国出生結核患者への支援」

詳細情報は結核研究所ホームページ(www.jata.or.jp)に随時更新致します。
対象(参加資格)保健医療関係者等
募集人員 各500名
受講料(参加費・受講費) 各6,000円(両方参加される場合は12,000円)
締切(定員・募集人数)定員に達した時点で締め切ります。
問合先 結核研究所 対策支援部 国内研修担当
FAX 042-492-4600
E-mail rittraining@jata.or.jp
申込方法(申込先) 申込用紙にてFAXまたはE-mailでお申込みください。
※申込書は研究所ホームページよりダウンロードが可能です。 関連資料はこちら
URL(学会URL・問合せ等URL)http://www.jata.or.jp

第5回 日本糖尿病療養指導学術集会

主催団体(運営主体)公益社団法人 日本糖尿病協会
大会長安西 慶三(佐賀大学医学部 肝臓・糖尿病・内分泌内科)
開催日程(会期・実施日・受付期間) 平成29年7月29日(土)・30日(日)
開催場所(会場) 国立京都国際会館
内容(テーマ・趣旨) テーマ:糖尿病療養指導に関する内容全般
地域・施設での取り組み、調査報告、現場でのちょっとした工夫etc
詳細詳しくはこちらをご覧ください
URL(学会URL・問合せ等URL)http://www.nittokyo.or.jp

平成29年度聴力測定技術講習会一般・中級  補聴器講習会

主催団体(運営主体)一般社団法人日本聴覚医学会
開催日程(会期・実施日・受付期間) 一 般  平成29年2月6日(月)〜10日(金)
中 級  平成29年2月9日(木)〜10日(金)
補聴器  平成29年2月7日(火)〜8日(水)
開催場所(会場) 五反田TOC ビル 13F

東京駅  JR山手線 → 五反田駅西口 → 徒歩7分 五反田からシャトルバスあり
羽田空港 京浜急行 → 品川駅 JR山手線 → 五反田駅西口 → 徒歩7分
募集人員 一 般 現在医科医療機関で業務に従事しているかまたは従事予定の人で医療業務の免許[看護師、准看護師、保健師、臨床検査技師、言語聴覚士]を有する方。また、日本聴覚医学会会員の推薦を必要とする。

中 級 上記一般コースを受講済みであり、現在医科医療機関で業務に従事しているか、従事予定の方で、医療業務の免許[看護師、准看護師、保健師、臨床検査技師、言語聴覚士]を有する方。

補聴器 言語聴覚士ならびに医師以外の医科医療関係職の方。
受講料(参加費・受講費) 一 般  55,000円(申し込み受付を確認してから請求します)
中 級  25,000円(申し込み受付を確認してから請求します)
補聴器  30,000円(申し込み受付を確認してから請求します)
締切(日時)平成28年9月1日〜10月31日
問合先 申 込 先  一般社団法人日本聴覚医学会講習会委員会

 〒105-0012 東京都港区芝大門1-4-4 ノア芝大門 405号
      TEL 03-5777-6310   FAX 03-5777-4605
申込方法(申込先) 日本聴覚医学会会誌Vol59 ?3に綴じ込みの申込書またはホームページ「講習会」よりダウンロードしてお送りください。予定表も掲載。
http://audiology-japan.jp/audi/?page_id=74
URL(学会URL・問合せ等URL)http://audiology−japan.jp/

2016年度日本サイトメトリー技術者認定協議会 技術講習会

主催団体(運営主体)日本サイトメトリー技術者認定協議会
開催日程(会期・実施日・受付期間) 2016年11月12日(土曜日)9時〜16時(予定)
開催場所(会場) 関西医科大学 枚方学舎 2階 会議室 (大阪府枚方市)

【最寄駅】 京阪電車「枚方市駅」 (北口から徒歩約5分 )  
内容(テーマ・趣旨) 「認定サイトメトリー技術者」認定試験の指定講習会

https://www.cytometry.jp/meeting/certification/training
募集人員 2016年9月30日(金)※定員になり次第締め切らせていただきます。
受講料(参加費・受講費) 20,000円(昼食の弁当代込、弁当不要の方は1,000円引きです)
問合先 日本サイトメトリー技術者認定協議会事務局

〒573-1010 大阪府枚方市新町2丁目5番1号

関西医科大学第一内科教授室内(担当:上田美津子)

TEL: 072-804-2754 FAX:072-804-2041
 
E-mail: jcc@hirakata.kmu.ac.jp
詳細詳しくはこちらをご覧ください
申込方法(申込先) 関連資料はこちら

平成28年度『医療安全基礎講習会(第38回ME技術講習会)』

主催団体(運営主体)一般社団法人 日本生体医工学会 ・ 公益財団法人 医療機器センター
内容(テーマ・趣旨) 日本生体医工学会と医療機器センターは、平成19年4月に『改正医療法』が施行され、関係通知で『医療機器の安全使用のための研修の実施』が定められたことから、今年度も『医療機器安全基礎講習会(第38回ME技術講習会)』として下記の通り開催いたします。本講習会は、中小規模病院から大規模病院の全ての院内スタッフを対象に、個々の能力の向上とともに医療現場における安全性をより高めるための知識の習得や普及を図ることを目的としており、医療機器の安全使用について学ぶ良い機会となりますので、多くの皆様が参加されますようご案内いたします。
詳細詳しくはこちらをご覧ください
URL(学会URL・問合せ等URL)https://www.jaame.or.jp/koushuu/iryo/ir_me.html

第57回日本神経学学術大会第4回メディカルスタッフ教育セミナー

主催団体(運営主体)日本神経学会
大会長梶 龍兒
開催日程(会期・実施日・受付期間) 2016年5月18日〜5月21日

セミナー1   2016年5月20日(金)13:15〜15:15
セミナー2・3 2016年5月21日(土)13:55〜16:55
開催場所(会場) 神戸国際展示場1号館2階「展示室B」
内容(テーマ・趣旨) 今回のメディカルスタッフ教育セミナーでは、「神経筋疾患におけるリハビリテーション」、
「地域で認知症をみる」、「初学者のための末梢神経伝導検査の基礎と実際」の3つのテーマを取り上げ
ました。神経内科領域の疾患に関連したメディカルスタッフの方々に、神経疾患への理解をより深めてい
ただき、進歩した新しい医学、診療の情報を共有していただきたいと考えております。
問合先 〒113-0034
東京都文京区湯島2-31-21一丸ビル2階
日本神経学会事務局
TEL:03-3815-1080FAX:03-3815-1931
E-mail:jsn-6@goLcom
担当:西井
詳細詳しくはこちらをご覧ください
申込方法(申込先) 学会ホームページより事前参加登録 https://www.myregistration2.net/neuro57_reg/my/login/login.html
URL(学会URL・問合せ等URL)https://www.neurology-jp.org/sokaitiho/neuro2016/seminar/medical.html

第46回平衡機能検査技術講習会開催のお知らせ

主催団体(運営主体)一般社団法人日本めまい平衡医学会
開催日程(会期・実施日・受付期間) 平成28年7月11日(月)13:00から7月15日(金)12:00まで
開催場所(会場) 興和創薬株式会社 東京支店 11F 大ホール

〒103-8433 東京都中央区日本橋本町3-4-14

http://www.kowa-souyaku.co.jp/profile/popup_map.htm
対象(参加資格)臨床検査技師または看護師の資格を有し、所属施設長の推薦を受けた者
募集人員 50名
受講料(参加費・受講費) 6万円(懇親会費、実習費、テキスト代を含む)
締切(日時)平成28年5月31日
詳細詳しくはこちらをご覧ください
申込方法(申込先) 1)氏名、2)所属、3)住所、電話、FAX、E-mailアドレス、4)生年月日、5)職種(検査技師・看護師など)および経験年数、6)平衡機能検査経験の有無(有は年数も)、7)推薦者氏名、を明記の上、E-mail(E-mail不可の際はFAXでも受け付けます)でお申し込みください。
URL(学会URL・問合せ等URL)http://www.memai.jp/

日本臨床検査同学院 講習会・勉強会のお知らせ

主催団体(運営主体)公益社団法人 日本臨床検査同学院
内容(テーマ・趣旨) 日本臨床検査同学院では臨床検査に従事する方々を対象とし,最新の臨床検査の動向に基づく知識・技術の確認,技術研鑽および先端知識を習得する機会を提供しています。講習会は日臨技生涯教育研修制度の履修点数取得の対象となります。お申込み、詳細については同学院のホームページをご確認ください。
申込方法(申込先) 関連資料はこちら
URL(学会URL・問合せ等URL)http://clmj.umin.jp

第27回日本体力医学会スポーツ医学研修会開催のご案内

主催団体(運営主体)日本体力医学会スポーツ医学研修会
開催日程(会期・実施日・受付期間) 基礎コース 平成28年7月1日(金)9:00〜18:00   2日(日)9:00〜18:00
応用コース 平成28年8月5日(金)9:00〜17:00   6日(土)9:00〜17:00
修了試験 平成28年8月7日(日)10:00〜12:00
開催場所(会場) 慈恵医大 西新橋校 各会議室・大学1号館6F 機能系実習室
内容(テーマ・趣旨) スポーツ選手ではなく、メタボリック症候群危険因子など健康阻害因子を有する者若しくは予防を目的とする運動指導・栄養指導の基礎および応用の知識・技能習得を目的とする。

関連リンク
募集人員 40名
受講料(参加費・受講費) 50,000円
締切(定員・募集人数)40名
問合先 〒112−0012
 東京都文京区大塚5-3-13 ユニゾ小石川アーバンビル4F

  一般社団法人 学会支援機構内
   日本体力医学会スポーツ医学研修会 係

電  話:03−5981−6015 FAX:03−5981−6012
E−mail:jspfsm@asas.or.jp
詳細詳しくはこちらをご覧ください
URL(学会URL・問合せ等URL)http://www.jspfsm.umin.ne.jp/

平成27年度 医療事故調査制度に関する医療機関向け研修会について

主催団体(運営主体)医療事故調査・支援センター(一般社団法人日本医療安全調査機構)
開催日程(会期・実施日・受付期間) 全国7都市(定員各会場500名)
      平成28年  2月1日(月)  仙台国際センター
            2月5日(金)  福岡コンベンションセンター
            2月8日(月)  ロイトン札幌
            2月29日(月) 大阪国際会議場グランキューブ大阪
            3月4日(金) ホテルメルパルク名古屋
            3月10日(木) 日本医師会館 (東京)
            3月14日(月) 岡山国際ホテル

◇時間:10:00〜17:00(全会場共通)
問合先 医療事故調査制度研修会 登録事務局
メールアドレス:kensyu@c-linkage.co.jp
TEL :03-3263-2359 (平日 月〜金 10:00〜17:00)
URL(学会URL・問合せ等URL)http://www.med.or.jp/doctor/anzen_siin/anzensonota/004132.html

「全国病院経営管理学会 平成27年度臨床検査業務委員会報告会」

主催団体(運営主体)全国病院経営管理学会
開催日程(会期・実施日・受付期間) 2016年1月16日 10:00〜16:15
開催場所(会場) 東医健保会館
 東京都新宿区南元町4
  電話03-3353-4311
募集人員 240名
受講料(参加費・受講費) 会員   5000円
非会員  8000円
問合先 全国病院経営管理学会事務局
電話 03-3402-0127
ホームページ http://www.kanrigakkai.jp/
詳細詳しくはこちらをご覧ください
URL(学会URL・問合せ等URL)http://www.kanrigakkai.jp/

第2回 医療におけるゲノム解析担当者を育てるための実習を主とした講習会2015

主催団体(運営主体)長浜バイオ大学
大会長三輪正直(長浜バイオ大学 学長)
開催日程(会期・実施日・受付期間) 平成27年9月26日(土)9 時30分〜17時05分
開催場所(会場) 〒526-0829 滋賀県長浜市田村町1266 長浜バイオ大学 
Tel:0749-64-8100(代)? Fax: 0749-64-8140
JR御利用の場合:JR米原駅で北陸本線に乗り換え、田村駅下車1分
御車御利用の場合:北陸自動車道長浜ICから15分
詳細は長浜バイオ大学HP(http://www.nagahama-i-bio.ac.jp/access/)を御覧下さい。
内容(テーマ・趣旨) バイオサイエンスに関する正しい科学的知識を持って医療に貢献する「臨床検査技師」養成のための、「臨床検査学プログラム」を本年度より開始しました。
さらには、ゲノム解析も担当できるゲノム解析担当者を育成するために、各界の方々のご協力を頂き、最新の設備を使って、実習ができる新しいタイプの講習会を昨年度に引き続き実施いたします。
今回は、調製した染色体標本を顕微鏡観察する実習、コンピュータを使ってゲノム情報を取り出し解析を行う実習を行い、染色体とゲノムとの接続を初めての方からも理解していただけるようにしたいと考えております。さらに、医療を支える上で、これから一層重要になってくる臨床検査学の将来についての講演も予定しております。
募集人員 60名
問合先 長浜バイオ大学内
「ゲノム解析担当者講習会」準備委員会
 上原啓史

〒526-0829
 滋賀県長浜市田村町1266 
 Tel:0749-64-8100(内129)? Fax: 0749-64-8140 
 E-mail: h_uehara@nagahama-i-bio.ac.jp
申込方法(申込先) メールで、長浜バイオ大学 上原 h_uehara@nagahama-i-bio.ac.jp宛に
ご所属、ご芳名、メールアドレス、お電話番号、意見交換会のご出欠をお知らせ願います。

その他、何かご要望等がございましたら自由にお知らせ願います。
URL(学会URL・問合せ等URL)http://www.nagahama-i-bio.ac.jp/education/926-%E5%8C%BB%E7%99%82%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%82%B2%E3%83%8E%E3%83%A0%E8%A7%A3%E6%9E%90%E6%8B%85%E5%BD%93%E8%80%85%E9%A4%8A%E6%88%90%E8%AC%9B%E7%BF%92%E4%BC%9A%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85/

『超音波スクリーニング研修講演会2015有明』のご案内

主催団体(運営主体)特定非営利活動法人 超音波スクリーニングネットワーク
大会長理事長:桑島 章
開催日程(会期・実施日・受付期間) 平成27年12月12日(土) 9時25分〜16時40分

開場・受付開始:8時30分から
開催場所(会場) TOC有明ウエストタワー20階 コンベンションホール(WEST GOLD20)

 東京都江東区有明3-5-7

  *埼京線・りんかい線『国際展示場』駅より徒歩3分
  *ゆりかもめ『有明』または『国際展示場正面』駅より徒歩4分
  *アクセス http://www.toc-ariake.jp/access.html
内容(テーマ・趣旨) 超音波スクリーニングに直接携わる技師の教育・育成を目的に、平成13年に発足し毎年継続して開催している研修講演会です。この研修講演会は、超音波スクリーニングの精度向上に必要な基礎および臨床的知識を広く網羅したもので、対象臓器は肝臓・胆道・膵臓・消化管、腎臓などの腹部臓器を中心に、乳腺・甲状腺を含めた分野で企画しています。講師陣は、現在、超音波医学の第一線で活躍されているトップレベルの指導医を招聘しております。
関連リンク
受講料(参加費・受講費) 5,000円 事前登録不要
問合先
超音波スクリーニングネットワーク事務局
E-mail:us-net@pl-tokyo-kenkan.gr.jp
詳細詳しくはこちらをご覧ください

平成28年度聴力測定技術講習会一般・中級 補聴器講習会

主催団体(運営主体)一般社団法人日本聴覚医学会
開催日程(会期・実施日・受付期間) 一 般 平成28年2月 8日(月)〜12日(金)
中 級 平成28年2月 9日(木)〜10日(金)
補聴器 平成28年2月11日(火)〜12日(水)
開催場所(会場) TOC 五反田 13F

東京駅:(JR山手線) 五反田駅西口  徒歩7分
羽田空港:(京浜急行) 品川駅(JR山手線)五反田駅西口  徒歩7分
締切(日時)受付期間 平成27年9月1日〜10月31日
問合先 一般社団法人日本聴覚医学会講習会委員会
      〒105−0012 東京都港区芝大門1-4-4 ノア芝大門 405号
      TEL 03-5777-6310   FAX 03-5777-4605
申込方法(申込先) 日本聴覚医学会会誌VOL58 3に綴じ込みの申込書またはホームページ「講習会」よりダウンロードしてお送りください。
予定表(詳細)も掲載。(http://audiology−japan.jp/)

申込先  一般社団法人日本聴覚医学会講習会委員会
      〒105−0012 東京都港区芝大門1-4-4 ノア芝大門 405号
      TEL 03-5777-6310   FAX 03-5777-4605
http://audiology−japan.jp/

日本病院会 平成27年度 「病院中堅職員育成研修」

主催団体(運営主体)一般社団法人 日本病院会
開催日程(会期・実施日・受付期間) 【医療技術部門管理コース】

 前期 H27年9月11日(金)・12日(土) 10:00〜16:30/9:00〜16:00
 後期 H28年3月11日(金)・12日(土) 10:00〜16:30/9:00〜16:00
開催場所(会場) 一般社団法人 日本病院会 (住所:東京都千代田区三番町9-15 電話:03-3265-1281)
アクセスマップ:https://www.hospital.or.jp/access_map/
内容(テーマ・趣旨) 良質な病院を永続的に維持発展させるため、経営の質向上に寄与できる次世代を担う中堅職員の育成を目的とする。
対象(参加資格)病院の経営管理職(医師、看護師、薬剤師、コ・メディカル等他職種) 次世代の経営を担う中堅職員の方
募集人員 80名
受講料(参加費・受講費) 1)日本病院会会員 1名 30,000円(税込)
2)会 員 以 外   1名 50,000円(税込)

*当日配付の資料代を含みます。ご欠席の場合は資料の発送にてかえさせていただきます。
*昼食費は含まれませんのでご了承ください。(参加者には参加登録後、任意でお弁当の注文を受付予定です)
締切(定員・募集人数)各コース 80名
問合先 一般社団法人日本病院会 通信教育課 TEL 03-3265-1281 eメール info@jha-e.com
※参加登録はお振込みをもって申し込み完了となります。
詳細詳しくはこちらをご覧ください
申込方法(申込先) 各コースとも(2日分)
※日本病院会 会員はhttp://www.hospital.or.jp/shibu_kaiin/member.htmlでご確認頂けます。
http://www.jha-e.com/moc/ 関連資料はこちら

日本糖尿病療養指導士認定機構「第16回受験者用講習会(平成27年度)開催のおしらせ

主催団体(運営主体)日本糖尿病療養指導士認定機構
問合先 http://www.cdej.gr.jp/modules/cdej_seminar1/index.php?content_id=1
詳細詳しくはこちらをご覧ください

第9回日本カプセル内視鏡学会学術集会 GI Week 2016

開催日程(会期・実施日・受付期間) ◆ 第12回日本消化管学会総会学術集会 [2016年2月26日(金)-27日(土)]
 会 長:平石 秀幸(獨協医科大学 病院長/消化器内科 主任教授)
 テーマ:消化管学の新規エビデンスを求めて
 http ://www.keiso-comm.com/12jga/index.html

◆ 第9回日本カプセル内視鏡学会学術集会 [2016年2月27日(土)-28日(日)]
 会 長:中村 哲也(獨協医科大学医療情報センター長・教授)
 テーマ:診断精度向上を目指して
 http ://www.keiso-comm.com/jace9/index.html

◆ 第48回胃病態機能研究会 [2016年2月27日(土)-28日(日)]
 会 長:北川 雄光(慶應義塾大学医学部外科学 教授)
 テーマ:胃病態機能研究の個別化医療への展開
 http ://www.keiso-comm.com/jfss48/index.html
開催場所(会場) 京王プラザホテル(新宿)
〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1
Tel. 03-3344-0111(代表)
問合先 第 9回日本カプセル内視鏡学会学術集会 運営事務局

?勁草書房 コミュニケーション事業部

〒112-0005 東京都文区水道 2-1-1

Tel:03-3814-7112 / Fax:03-3814-6904
E-mail jace9@keiso-comm.com
URL(学会URL・問合せ等URL)http://www.keiso-comm.com/jace9/index.html

第56回日本神経学会学術大会 第3回日本神経学会メディカルスタッフ教育セミナー

主催団体(運営主体)日本神経学会
開催日程(会期・実施日・受付期間) セミナー1 2015年5月23日(土) 13:00〜16:00
セミナー2 2015年5月23日(土) 13:00〜16:00
開催場所(会場) 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
募集人員 セミナー1 200名
セミナー2 150名
受講料(参加費・受講費) 1000円
詳細詳しくはこちらをご覧ください

第26回日本体力医学スポーツ医学研修会

主催団体(運営主体)日本体力医学会スポーツ医学研修会
開催日程(会期・実施日・受付期間) 平成27年7月3・4日 基礎コース
     8月7・8日 応用コース
     8月9日   修了試験

ホームページ
http://www.jspfsm.umin.ne.jp/topic/20141125.pdf
開催場所(会場) 東京慈恵会医科大学西新橋校各会議室・大学1 号館6 F 機能系実習室
募集人員 40名
受講料(参加費・受講費) 50,000円
締切(定員・募集人数)40
詳細詳しくはこちらをご覧ください
申込方法(申込先) 一般社団法人 学会支援機構内
日本体力医学会スポーツ医学研修会 係
電話:03−5981−6015 FAX:03−5981−6012
E−mail:jspfsm@asas.or.jp

平成26年度病院中堅職員育成研修「医療技術部門管理コース」のご案内

主催団体(運営主体)一般社団法人 日本病院会
詳細詳しくはこちらをご覧ください
URL(学会URL・問合せ等URL)http://www.jha-e.com/moc/

全国病院経営管理学会 臨床検査業務委員会報告会の案内

主催団体(運営主体)全国病院経営管理学会
開催日程(会期・実施日・受付期間) 平成27年2月21日 10:00 〜 16:20
開催場所(会場) 東医健保会館  
東京都新宿区南元町4 電話 03-3353-4311
内容(テーマ・趣旨) 2025年を見据えた検査室を創る 〜今からすべきこと〜
募集人員 240
受講料(参加費・受講費) 全国病院経営管理学会 会員5,000円 非会員 8,000円
詳細詳しくはこちらをご覧ください
申込方法(申込先) 関連資料はこちら

第21回琵琶湖セミナー(自動呼吸機能検査研修会)

開催日程(会期・実施日・受付期間) 平成26年11月29日(土)12時30分から30日(日)12時まで
開催場所(会場) 「ホテルラフォ−レ琵琶湖」
滋賀県守山市今浜町十軒家2876  TEL 077-585-3811
内容(テーマ・趣旨) 呼吸機能検査における基礎
詳細詳しくはこちらをご覧ください

中級者のための病理技術STEP UP講習会(日本臨床検査同学院)

開催日程(会期・実施日・受付期間) 8月23日(土)13時から18時15分
24日(日) 9時から15時30分
開催場所(会場) 東京都板橋区大谷口30-1
日本大学医学部 組織実習室(B2)
詳細詳しくはこちらをご覧ください
申込方法(申込先) http://clmj.umin.jp/

日本聴覚医学会講習会開催のご案内

主催団体(運営主体)日本聴覚医学会
開催日程(会期・実施日・受付期間) [一 般]: 平成27年2月9日(月)〜13日(金)
[中 級]: 平成27年2月12日(木)〜13日(金)
[補聴器]: 平成27年2月10日(火)〜11日(水)
開催場所(会場) TOC 五反田 13F
内容(テーマ・趣旨) 平成27年度聴力測定技術講習会一般・中級 補聴器講習会
詳細詳しくはこちらをご覧ください

第2回 医用質量分析認定士 講習会

主催団体(運営主体)日本医用マススペクトル学会
開催日程(会期・実施日・受付期間) 2014年10月18日(土)第39回日本医用マススペクトル学会年会翌日
開始時刻:午前10:00 終了時刻:午後2:40(予定)
開催場所(会場) 三井ガーデンホテル千葉
詳細詳しくはこちらをご覧ください

第4回 奈良術中神経モニター講習会

詳細詳しくはこちらをご覧ください

平成26年(第59回) 一級臨床検査士資格認定試験 試験案内

詳細詳しくはこちらをご覧ください

第55 回日本神経学会学術大会 メディカルスタッフ教育セミナー1,2

開催日程(会期・実施日・受付期間) 詳細は添付案内をご参照下さい。
開催場所(会場) 詳細は添付案内をご参照下さい。
内容(テーマ・趣旨) 詳細は添付案内をご参照下さい。
募集人員 詳細は添付案内をご参照下さい。
詳細詳しくはこちらをご覧ください

日本糖尿病協会 第2回日糖協療養指導学術集会

主催団体(運営主体)日本糖尿病協会
開催日程(会期・実施日・受付期間) 平成26年7月12日、13日(2日間)
開催場所(会場) 国立京都国際会館
内容(テーマ・趣旨) 詳細は添付案内をご参照下さい。
募集人員 詳細は添付案内をご参照下さい。
詳細詳しくはこちらをご覧ください

第25回日本体力医学会スポーツ医学研修会

開催日程(会期・実施日・受付期間) 詳細は添付案内をご参照下さい。
開催場所(会場) 東京都 慈恵医大 西新橋校
内容(テーマ・趣旨) 詳細は添付案内をご参照下さい。
募集人員 詳細は添付案内をご参照下さい。
詳細詳しくはこちらをご覧ください

日本神経学会 メディカルスタッフ教育セミナー

主催団体(運営主体)日本神経学会
開催日程(会期・実施日・受付期間) 詳細は添付案内でご確認下さい。
開催場所(会場) 詳細は添付案内でご確認下さい。
内容(テーマ・趣旨) 詳細は添付資料でご確認下さい。
募集人員 詳細は添付案内でご確認下さい。
詳細詳しくはこちらをご覧ください

第22回 赤十字血液シンポジウム

主催団体(運営主体)日本赤十字社
開催日程(会期・実施日・受付期間) プログラムをご参照下さい。
開催場所(会場) 宮城、愛知、大阪、広島、各会場
内容(テーマ・趣旨) プログラムをご参照下さい。
詳細詳しくはこちらをご覧ください