認定臨床染色体遺伝子検査師

 「認定臨床染色体遺伝子検査師」(以下、認定師)制度は、2007年に日本臨床衛生検査技師会(以下、日臨技)と日本染色体遺伝子検査学会(以下、学会)との合同で発足しました。日臨技会員および学会員共に受験機会が与えられており、受験資格はそれぞれの会で規定されています。本制度の歴史は細胞遺伝学分野で最も古く、1990年「染色体分析一般技術認定者」として発足し、その後2004年「染色体分析技術認定士」へ名称変更しました。本認定師は染色体分野のみから開始しましたが、制度発足時からの懸案であった「遺伝子分野」認定師を2009年より開始しました。本認定師制度の目的は、
 1.専門知識および高度な技術に対応できる検査資格者を育成する
 2.染色体遺伝子検査の発展と普及を促進し染色体遺伝子検査の精度保証をする
 3.医療の安全と患者の安心を守り国民医療の向上に寄与する
と規定されています。すなわち、認定師制度は専門的・高度な資質を持つ検査者を育成することであり、認定制度が検査者育成に果たす役割と責任は大きいと思われます。また、認定資格取得の意義は個人の専門分野における知識と技術が一定水準以上にあることを第三者機関が保障することのみならず、認定師が能力や技能を発揮することは自施設のレベル向上と解析データ結果の精度および正確性を保証することに寄与します。試験は学科試験と実技試験の両方を行い、合否の判定は総合的に行います。この認定試験は、適切に検査実施ができるかを評価する試験のため業務経験は必要不可欠です。実技試験は、実際に検査を実施する上で必要な知識を中心に出題しています。染色体検査では核型解析を行うために必要になる知識や技術、また遺伝子検査では検査を行うにあたって必要になる事、核酸の抽出での注意事項などです。今後は、認定師として必要な能力を如何に評価するかを検討しながら、時代の要求に合致した認定師の育成に向けた制度を確立して行きたいと思っています。

(文責:園山 政行、南木 融、岡田 健)

認定試験

令和3年度 認定臨床染色体遺伝子検査師制度 第14回認定試験

日時 2021年12月5日(日)
場所 幕張メッセ 国際会議場 (原則として全館貸切にて全認定制度の試験を同日開催予定)

その他

※認定臨床染色体遺伝子検査師 制度規則改定のお知らせ(重要)

認定試験受験・資格更新に関連する学会・研修会案内

令和3年度 認定臨床染色体遺伝子検査師制度スキルアップ研修会

日時 10月1日(金)〜10月20日(水) ※申込受付開始前
場所 Web開催(オンデマンド配信)
参加費 5,000円
参加資格 認定臨床染色体遺伝子検査師資格取得者
募集人員 100名

令和3年度 認定臨床染色体遺伝子検査師制度研修会(未取得者対象)

日時 9月1日(水)〜9月20日(月) ※申込受付開始前
場所 Web開催(オンデマンド配信)
参加費 5,000円
参加資格 認定臨床染色体遺伝子検査師資格未取得者
募集人員 100名

認定資格更新情報

更新料 5,000円(クレジットのみ) 申込締切 受付期間:2021年秋
対象 2021(令和3)年度の資格更新申請要項を現在準備中でございます。もうしばらくお待ちください。(2021年4月1日)

認定資格者名簿

資格情報 令和2年4月1日現在

研修会承認申請情報(方法・様式)

pagetop